みんな知りたい?そばかすのケアについて

後天性の場合に大事なのは紫外線対策

そばかすは先天性のものと後天性のものの2タイプに分けることができます。先天性のそばかすは鼻や額などに目立っていても、思春期の頃になると自然に消失していくのであまり気にしすぎないことが大切です。後天性のそばかすは紫外線を浴びることなどが原因で増えていきます。色白の人は、体質的に日焼けでそばかすが出来やすいので注意しましょう。後天性の方は普段から紫外線対策をすることで予防が可能です。日差しが強い日に外出をする際には必ず日焼け止めを塗り、UVカット加工のサングラスや日傘などで日焼け止めを塗れない部分をカバーします。外出先では難しいことですが、そばかすを作らないためには2時間おきに日焼け止めを塗り直すと効果的です。

そばかすケアに化粧品やピーリング剤を活用する

もしそばかすの原因であるメラニンが過剰に生成されても、本来なら28日周期で繰り返されるターンオーバーで古い角質と共に排出されます。ところが、そばかすのできやすい人はメラニン色素の増える量に排出されるスピードが追い付いていきません。ターンオーバーの力でそばかすを作らないようにするには、日焼け止めを落とす際になるべく肌に刺激を与えないことが重要です。スキンケアの時には、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸等を配合した美白化粧品を毎日使うようにすると、少しずつそばかすが薄れていきます。特にメラニンの生成を抑制したり、これを還元する効果を持つビタミンC誘導体は欠かせない存在です。ピーリング剤で洗顔することで、肌に留まっている古い角質を落とす方法もそばかす対策に使えます。